2106が好きな、GAMのグラマーな方の人の現場が最近ないので
今日はもう一人のスポーティーな方の人の現場に行ってきました。
というわけで


藤本美貴主演舞台「HAKANA」千秋楽の日。

家から会場まで軽く1時間半くらいかかるなぁ、ってのと
朝飯食いたいけど用意してないなぁ、ということで
うちの最寄り駅付近で朝飯食ってから行こう、と計画をたてたら
8時くらいには家を出る必要があるとか…ふだん会社行くときと変わらないじゃん(^^;;


まぁ、そこは、明日から思う存分寝れるんだから、ということで今日は頑張りましたw


朝飯はこれ

メガマフィンです。
話のタネに、とも思って食べてみたけど、それほどメガな感じはしないです(^^;;
ま、バリューセットが普通のと60円しか違わないからなぁ、こんなもんか。


その後は電車内でガッツリ眠って、10時くらいに会場に着きました。
明治座には初めて来たんですけど…なんか…現代っぽい(ノ∀`)


去年、記念隊コンで行った大阪の新歌舞伎座みたいな建物をイメージしてたので
結構普通のビルっぽい建物なのがちょっとガッカリでした(^^;;
中の客席とか舞台とかは、よく似てましたけどね。


ちなみに大阪・新歌舞伎座の写真はこちら

舞台感想

http://www.meijiza.co.jp/info/2008/04/main.html
内容については上記HPのあらすじを読んでもらうとして。


ニュース等では、アイドルらしからぬ際どいセリフやらシーンやらが
必要以上にクローズアップされてる感がありましたが、実際それは
芝居の一連の流れの中での一部であって、普通に見れるものだと思います。


美貴ちゃんの相手役を務める大口兼悟さんは、連日の熱演からか
だいぶ声がおかしかったように感じました。
彼は昨夏の舞台「すけだち」で、敵の組織のNo.2を演じてた人で
自分もそのときのことは覚えてるつもりですけど、
そのときも今日ほどの声の変調は無かったですね。
まぁ、脇役と主役とじゃ、全然負担が違うわな…。


対して美貴ちゃんの声は、そんなにおかしくは感じませんでしたね。
美貴ちゃんも美貴ちゃんで、結構声を張り上げて熱演するシーンはあるんですけど
その点はなかなかやるなぁと思いました。


つーか…内容的にあの芝居は他のどのハロメンも出来ない気がするな…。
ハロメンが演じる芝居として、ひとつ風穴を開けたという意味で
今回の舞台は大きな意味があるんじゃないかな、と思います。


結構ほかの人の受け売り的な感想も多いですが、今回はこのへんで。


そういや後で数名のお話を聞いて、「HAKANA」の儚と「リボンの騎士」のヘケートは
人間になりたいという点で共通している、って話は妙に面白かったですねw
(笑えるという意味じゃなくってね)

舞台の番外編的な感想

本編とは離れた、笑える所の感想w

  • 住谷正樹が1シーンだけレイザーラモンHGになった所
  • ロメロスペシャルを初めて生で見て笑ったwww
  • 鈴次郎の最後の賭けのシーン、鬼が壷入れを失敗したのは素なんですか?www


あとカーテンコール

  • 僧侶を演じた松澤さん「出演者全員が最後に一言ずつコメントした舞台は初めて」
  • レイザーラモンRGこと出渕誠が、美貴ちゃんの1stコンサートに行ってた件www


ストーリー上まじめなシーンが多かったから、笑えた場面はこのくらいかな?


ん〜、「千秋楽だけ見るのは邪道」かどうかは分からないけど
やはり二度くらいは見てみたいものではありますね…。

レンタル難民

うちの近所のTSUTAYAが3月に閉店してしまい、今は近所にレンタル屋さんがありません(;´Д`)
幸いTSUTAYAのカードは全国どの店でも使えるので、違うTSUTAYAを使ってみよう、と。


先日は横浜みなとみらいにある店を使ってみたんですが…。
横浜駅から歩くと結構遠いし、かと言って、みなとみらい線に乗ってまで行くのも癪だ(爆)


今回は渋谷店に行ってみました。例のスクランブル交差点を渡った所の店。
あさって中野に行くから、その途中に寄って返却すればいいしね、ということで。
でもそういう状況でもない限り、わざわざ渋谷までレンタルしに行かないんだよな…。
う〜ん、これからどうしよう?


今日は最近売れてて、かつ2106好みな感じのシングルを借りに来たつもりでしたが…。
最近の売れ線の曲って、2106の心に響かない曲が多い…。
もう2106の感性は時代遅れなんですかね(;´Д`)


以上